高気密・高断熱

夏涼しく、冬暖かいを当たり前に

季節によって変化の激しい日本の気候。猛暑の夏も、極寒の冬も、一年中心地よく過ごすには家自体の気密性を高め、しっかりと断熱することが大切です。冷暖房設備に頼りすぎず、いつでもすこやかに、快適に。温熱環境を整え、家族の健康を守ります。

気密・断熱 熱の出入りを抑えて快適をつくる

住まいの断熱性能を高めるためには、夏は「なるべく外の熱を家の中に入れないで、涼しいままを保つこと」、冬は「太陽光などの熱をとり込んで、暖かさを逃がさないこと」が大切。熱の出入りが大きい箇所を重点的に断熱し、隙間を減らして気密性を高めることで心地よい環境をつくります。

熱のバリアフリー

急激な温度変化により血圧が急変動し、時に脳卒中や心臓麻痺にもつながる「ヒートショック」。家全体の気密・断熱性を高めることで、部屋間での温度差を軽減し、冬場に潜む危険から家族を守ります。

断熱材 現場発泡硬質ウレタンフォーム

現場で発泡させ吹き付けるから、細部まで隙間なく充填でき高い断熱効果を発揮。気泡の中の空気で断熱するため、時間を経ても性能が低下しません。躯体内結露を抑えて、住まいの耐久性も高めてくれます。

遮熱高断熱複層ガラス

複層ガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティング。住まいの中で最も熱の出入りが多い窓は、遮熱性にも断熱性にも優れたLow-Eガラスで熱の伝わりと結露を抑えます。

五感で感じるモデルハウスで
体験する

見学会を予約する